ささくれにならないためのお手入れ方法


福島市のプライベートサロン プレジールのブログをご覧いただきましてありがとうございます。

私は普段から眠る時間が異様に遅く、
睡眠時間も非常に短いので、
遅い時間に帰っても、しっかりテレビを見てしまうんですが、
先日も深夜、テレビを見ておりましたところ、
壇さまと大久保さまの番組がやっていました。

お二人が、ジェンガをしていたんですけれども、
その時、大久保さまのおててがアップになりましたんですが、
すっごいささくれでびっくり致しました。


ささくれなんて、
ほんのちっさなやつなのに、
結構目立つんですよ。
しかも結構地味にずっと痛いですし。
なかなか治らないっていうのもありますね。

さて、ささくれの原因、ご存知ですが?


ずばり、乾燥です。

ささくれをめくったり引っ張ったりすると、
傷口からばい菌が入ったり化膿するので、
絶対にやっちゃダメです。

悪化すれば、ヒョウソにもなってしまうかも。
ヒョウソから指の切断に至る場合も、
稀でしょうが、ありますよ。



では、ささくれができないようにするには?


原因が乾燥ですから、
保湿すればいいのです!

1、
日ごろから、手のひら全体、そして指先まで、
しっかりと保湿クリームを塗ること。

2、
水やお湯を使ったり、
お風呂上りにもすぐに塗ること
嫌なら、炊事掃除汚お洗濯の時は手袋使用。
併用なら、なお良し。

3、
眠る前、
おみずを使わない、保湿の絶好のチャンス。
キューティクルオイルを使って、
爪と、爪の周りの皮膚を乾燥から守り、
柔軟にします。


夏は、べたつくからなんていって、
保湿を怠る人も多いです。

そんなだと、手のひらの皮まで乾燥して、
ゴワゴワの固い皮膚になっちゃいます!


私は、職業柄毎日人のお顔や身体に触れますから、
手のお手入れに関しては、
特にこだわりがあります。

使用するものもこだわります。

自分のため、というよりも、
お客様のため、に、なりますけども。



お掃除だって、お洗濯だってしますし、
何なら自宅の洗濯機は二層式です。
冬は指が凍えます。

手荒れしたり、ささくれがひどくならないのは、
いつもちゃんと保湿しているからです。

手荒れしちゃったとか、
乾燥しているっていう以前に、
きちんとお手入れしていますか?

お手入れしましょう。

肌が、身体が、とっても喜びますよ。


自分じゃできないっていう方もいるでしょう。


サロンへお越しください。

お客様の代わりに私がお客様のおててを
丁寧にお手入れ致します。


サロンは、キレイな人が通うところっていう概念は捨てましょう。

キレイになりたい女性はいつでも大歓迎ですよ。

ご予約はお電話にて承っております。

0245395734

プレジール


 

施術中・打合せ中など、電話に出られないことがございますので、その場合はお手数ですが少し間をおいておかけ直しください。

[ご予約の変更およびキャンセルについて]
ご予約いただいたお時間より遅れる場合は、お手数ですがご連絡をいただきますようにお願いします。
ご連絡がなく、15分以上遅れた場合は、次のお客様のご予約の都合がございますので、予約をキャンセル扱いにさせていただきますことをご了承くださいませ。